シアリス服用時って飲酒しても大丈夫なの?

シアリスと飲酒

お酒を飲んだ状態でセックスに臨むことは珍しいことではないと思います。従来のED薬に比べてシアリスは飲酒の影響を受けにくい特徴があります。

ですが、一緒に摂る食事内容は注意が必要です。飲酒といっても、完全にお酒だけを飲む状況は少ないことでしょう。食事も兼ねる場合は、その内容に気を遣う必要があるため、特徴をしっかり把握しておくべきです。

また、過度な飲酒も適しません。そもそも、アルコールの摂り過ぎは健康に悪影響を与えるものとして知られていますが、シアリスを服用する場合、効果低減も懸念されます。

せっかくのシアリスが持つ有効性も薄まってしまうかもしれないので、気をつけましょう。

シアリスは他のED薬に比べてお酒の影響を受けない

シアリスは、数あるED改善薬の中でも飲食に影響されにくい存在となっています。なので、シアリスならお酒ありのデート後の方も安心して使えます。シアリスは、こうしたライフスタイルにも合わせられる汎用性が高いED薬なのです。

従来一般的であったED改善薬は、飲食への気遣いが非常に重要でした。なぜなら、効果持続時間が4~5時間と短かったためです。

飲食のタイミング一つで、効果時間が遅れたり、短くなったり、また弱い勃起しか得られなくなるケースも考えられるためです。その点シアリスは、最大約36時間という長い持続時間が期待できます。

ED改善薬は一度吸収されればそこまで飲食の影響を受けないため、効果が実感できてからであれば、通常通り飲食しても問題ありません。

飲酒に関しても、基本は問題ありません。注意点としては、服用してから効果発現までが、少し長いことです。従来のED薬は30~1時間でしたが、シアリスは1~4時間と体質や体調によってまちまちなので、予測しづらいです。理想的な使用法としては、最大約36時間にも及ぶ長時間持続が期待できるため、前もっての服用を心がける方法です。

食事や行為予定時間の半日~1日前であっても、効果は大いに期待できるため、余裕をもって服用しておきましょう。

過度な飲酒が適さない

適度にお酒を飲むことで本番で気持ちをリラックスさせる方もいます。しかし、深酒をしてしまうと、薬の効果や勃起そのものに悪影響を及ぼすこともあります。

適量を超えたアルコールは、意識や感覚を鈍くさせます。興奮要素や性的刺激にも反応しにくくなってしまい、理想的な勃起が実現できないかもしれません。

とはいえ、適量であればむしろ有効に働いてくれるのが、シアリス使用時の飲酒です。性的興奮が欠かせない勃起において、緊張は邪魔な存在です。その点お酒でリラックスできていれば、よりスムーズに興奮状態へと至りやすいです。

飲酒は、過度であれば避けるべき存在となる反面、適量なら歓迎すべき要素ともなるのです。量にだけ気をつけ、シアリスの効果を期待する上で、有効に取り入れてみてはいかがでしょうか?