シアリスの値段はどのくらい?

シアリスの値段

日本では現在、シアリス、レビトラ、バイアグラという3種類のED治療薬が認可されています。その中でも最も新しい治療薬がシアリスですが、発売以来100カ国以上の国で使用され、1000万人を超える利用者がいるとも言われています。

ED治療薬の一つであるシアリスを試してみたいが、値段がどのくらいするのか気になりますよね。今回は、最も新しいED治療薬として知られる「シアリスの価格とともに相場」についてご紹介します。

気になるシアリスの値段

シアリスは2013年8月には世界のシェアが42%となり、世界で最も売れているED治療薬とまでなったのです。

シアリスはヨーロッパで開発されて2002年11月に認可され、2003年2月にはオーストラリアやニュージーランド、ヨーロッパでも販売が開始され、11月にはアメリカでも認可されました。

2007年7月にようやく日本でも認可され、9月にはイーライリリーより販売がスタートしました。現在は日本新薬に販売が移管しています。

ED治療薬として知られるシアリスですが、特徴や効果、持続時間が判断基準になりますが、値段も気になるところですよね。

誰もが経済的な負担を少しでも抑えたいと考えています。それでは、ED治療薬として最新の薬であるシアリスの値段を紹介していきます。

グラム数ごとの相場

10mg1錠の場合、税込みでおよそ1700円となっています。

20mgで1錠の場合、税込みでおよそ2000円となっています。

バイアグラの値段

25mgで1錠の場合、税込みでおよそ1300円となっています。

50mgで1錠の場合、税込みでおよそ1500円となっています。

レビトラの値段

10mgで1錠の場合、税込みでおよそ1500円です。

20mgで1錠の場合、税込みでおよそ2000円です。

上述のように、1錠で約1,700~2,000円というシアリスの価格は、3つのED治療薬の中では最も高い価格設定になっています。しかし、この価格差がすぐに大きな経済的な負担の差に直結するのでしょうか。

そもそもED治療薬は、実際に性行為をする前にだけ服用するもので、毎日服用するものではありません。毎日使用する医薬品だとわずかな価格差でも、長い期間使用することで大きな差になりますが、ED治療薬の場合、その価格差よりも、食事の影響を受けにくい、副作用のリスクが低いなどといったメリットが重視される傾向にあり、シアリスはその値段に関係なく、実際に世界中の多くの人に選ばれています。

シアリスは1度服用すれば約20~36時間も効果が持続します。これは、レビトラやバイアグラと比較しても長く、金曜の夜に服用すると日曜のお昼まで作用することもあるため、海外では「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。

このように、シアリスの1錠あたりの価格は、その他のED治療薬と比べてやや高めですが、一度服用すれば、効果が長時間持続するので、この点では経済的であるといえます。