シアリス偽物を見分ける方法

シアリス偽物ご注意現在、EDの悩みを抱える方が使用する薬としてシアリスを始めとしたED治療薬があります。これらのED治療薬にはたくさんの種類があり、購入方法も多くなります。

シアリスを日本で手に入れるには医師の処方箋が必要になります。シアリスは医療用医薬品となるので、インターネット通販での購入はできません。

また、医療用医薬品についてはドラッグストアや薬局でも購入をすることができません。病院で診察を受けて医師に処方箋を書いてもらうというのが一番確実な入手方法です。しかし、個人輸入業者を利用すればシアリスをネット通販で購入することができます。しかし、海外医薬品は日本の法律にもとづく安全性・品質・有効性が確認されていないという点には気をつけておきましょう。

個人輸入業者を利用した場合、薬を業者から購入するという扱いになるのではなく、薬を海外から個人で輸入をすることを代行してもらい、送料や代行手数料を業者に支払うという扱いになっているので、法律に違反しません。

海外から薬を輸入することは違法ではなく、それを業者に代行してもらうことも問題がないからです。

個人輸入などの不正規ルートより入手したシアリスは偽造品の可能性がとても高く、大変危険です。インターネットが発達している現在ではネットで購入したED治療薬の5割以上は偽造品だといわれています。だから、シアリス(ED治療薬)には偽物があるので注意が必要です。きちんとした本物を購入する簡単なポイントをお教えします。

成分で見分ける

本物のシアリスは日本イーライリリー株式会社が製造販売するもので、有効成分は「タダフィル」が含まれています。含有量により5mg・10mg・20mgの3種類がありますが、値段が安い海外産のジェネリックを見たことがあるという人は多いでしょう。

海外の通販サイトで販売しているジェネリックは「タダリス」「タダシップ」という名前で主成分が同じであるものして市場に流通しています。

値段はジェネリックのため正規品よりも安くなっていますが、日本国内ではシアリスは国際特許満了を迎えていませんので正規品のジェネリックは存在していません。

シアリスのジェネリックは海外産になり、薬剤が偽物であったり薬の質が劣悪な場合があります。

海外産のジェネリックを服用して意識低下や痙攣などの健康被害を招くリスクもありますので、十分に注意して購入してください。

本来ジェネリックとは国際特許満了したものを製薬メーカーが製造できるもので、使用する有効成分などはほぼ同じで効果も正規品と違いはないといわれています。

ジェネリックだから安くて安心と油断すると偽造薬を購入する可能性もあります。

見た目で見分ける

シアリスは緑と白でデザインされた箱で、シート状になった包装で販売されています。シアリス見た様子

ボトルでシアリスと名前が書かれているものは偽物で、あきらかに違うデザインの箱や色などにも十分ご注意ください。

また海外のジェネリックとして販売されているものは、タダリスSX・メガリス・タダシップ・タダライズ・シアスマなど。

種類は豊富にありますのでジェネリックの偽造品となるとさらに種類が多く、自分では見極めがつかないこともあるのです。

特に解りやすいシアリスの偽造の薬としては、錠剤に「C100」や「C50」と刻印されたものになります。通常のシアリスは、有効成分タダラフィルが20mgですと「C20」と記載されています。シアリスの有効成分は、5~20mgまでしかありませんので、それ以上の数字のものは全て偽造のものとなります。

また刻印が正規品と同じであっても偽物のシアリスは錠剤に黒い粒が混ざっていることも。

刻印がされなていない、非コーティングであるなど肉眼ではっきりわかるほどの粗悪品も存在しています。

本物は黄色とオレンジの中間色で偽物は若干色が鮮やかすぎるなど、本物と一見間違えてしまうほど判断できない困難な薬も市場に出回っています。

偽物を製造する工場は衛生管理が行き届かず、有効成分のタダラフィルをまったく使用していない劣悪な薬も見つかっています。

パッケージやボトルに「Ciallis」と印字されてあっても本物とは限らないのです。

このように明らかに見た目がおかしい場合は絶対に服用をしてはいけません。

効き目で判断する

見た目で判断できなかった薬を服用した際に、効き目に疑問を思ったら注意が必要です。下記のような症状があった場合は、服用を中止したり様子をみるようにしてください。すぐに最悪の場合は、病院に行くようにしてください。

  • まったく勃起しない
  • 副作用がひどい
  • 口に含むとおかしな味がする

ただし、効果や副作用には服用した際の体調や空腹具合によっても大きく変わることがあります。同じ薬を服用したのに前回と効き目が異なる場合は、少し様子を見た方がいいかもしれません。

販売価格で見分ける

シアリスを始めとするED治療薬は個人輸入で海外の商品が簡単に手に入るようになりましたが、安価で購入することだけを意識すると質の悪い偽造品にあたる危険性があります。

実際にどれほど偽物が流通しているか、製薬会社や厚生労働省で正確に把握できないほどともいわれてるのです。

製薬会社4社が合同で調査したところ、国内ネット通販で販売されているED治療薬のうち、55.4%が偽造品であると判明しています。

シアリスはバイアグラやレビトラ以上にその数は多く、60%が偽造品ということです。

ネット通販ではどれも本物、もしくは海外のジェネリック品であるとごまかして販売していますのでご注意ください。

そこで見極める手段として販売価格の違いがあります。正規品は10㎎が1錠1500円~1800円、20㎎が1800円~2000円前後で販売されています。

これ以下の激安なシアリスは偽造品である可能性がとても高いといえるでしょう。

シアリスなどの医薬品は、有効成分のバランスが重要になります。有効成分が含まれていても、その量が過剰である場合には重大な症状が出てしまうこともあります。有効成分がなにも含まれていない偽者で、ただのビタミン剤などであったというケースではむしろラッキーでしょう。

正規品のシアリスは副作用が少ないことが魅力。しかし偽物だと副作用があり重大な健康被害を受ける可能性があります。日本で実際にあった健康被害として、殺虫剤の成分が検出されたというものがあります。殺虫剤の成分は人体に悪影響を及ぼすものであるため、非常に危険です。死亡事故なども起きているようです。

2008年シンガポールで実際に起きた事件で、シアリスの偽物を服用して4名死亡、7名が脳死状態になるという大変恐ろしい事件があります。この偽物のシアリスには血糖降下剤が1日摂取限度量の4倍以上も含まれていたことが後に判明。

日本では2010年に個人輸入で購入したシアリスを服用した男性が、意識障害で救命センターに運ばれるという事故も起こっています。

悪質な業者を避けるためには、信頼ができる業者を選ぶということが重要です。歴史があり、長く営業をしている業者は一定の信頼があります。

長く営業しているからといって絶対に安心というわけではありませんが、それだけ長い間人々からの信頼を得続けているというわけなので、悪質な業者である可能性は低いです。

インターネットの口コミや評判も参考にしてみましょう。悪質な業者は比較的すぐに悪評が広まる傾向があります。インターネットが普及している時代なので、口コミなどが全くない業者はやや注意をしておくべきでしょう。初心者の人は知名度が高く、大手の業者を選んでおくのが無難です。