シアリスで頭痛がする場合の対処法

頭痛

頭痛をはじめとした、有効成分の作用で起こる副作用は確かに存在します。とはいえ、比較的穏やかな症状なので、そこまで気にする必要はありません。効き目の強い薬を飲む場合、やはり気になるのが副作用についてでしょう。

事実、ED改善薬の類は副作用にも注意しなくてはならないという考えが一般的です。ですがシアリスに関しては、中でもその危険性が少なく、安心感持てる存在となっています。また、もし頭痛等を気になるほどに強く感じる場合は、個人で対処することも可能です。

シリアスを飲んで頭痛が起きる原因?

シアリス(タダラフィル)には勃起に必要な陰茎海綿体の血管を拡張させることで勃起を維持する作用があります。その時に海綿体以外の血管も拡張させる作用が原因で生じる副作用の一つとして「頭痛」があり、国内の臨床試験データではバイアグラとシアリスは約11%、レビトラで約6%という発症率です。

シアリスを服用すると脳内の血管も拡張し周りにある神経が刺激をされるために個人差がありますが頭部に痛みを生じる場合があるのです。これはお酒を飲んで生じる頭痛の仕組みと似ています。よって日頃からお酒を飲むとよく頭痛がする人はシアリスを服用することで頭痛を発症しやすい傾向にあります。また、頭痛とは関係ありませんが、お酒を飲んで顔が赤くなる人はシアリスを服用した場合も副作用である「顔のほてり」「顔面潮紅」の発生率が高いです。

頭痛の場合にできる対処って?

シアリス服用による頭痛は軽度であるのが一般的です。そうした場合でも、無理に我慢する必要はありません。有効な対策としては、一般の頭痛薬を服用するという方法です。

シンプルな方法ですが、シアリスと一般的な頭痛薬の飲み合わせに危険性がないため、安心して取り入れられる対策となります。

医療機関の情報でも正規に記されているので、まず心配ないといえるでしょう。

また鼻づまりに関しても、同様の記載があります。

一般の改善薬を併用しても、問題ありません。とはいえ、特殊な成分を含有した薬の併用は、人によって不安が伴うかもしれません。ある程度知識がある人ならまだしも、多くの人はその点そこまで詳しくないと思います。

EDには、精神的なストレスも大きく影響するため、ちょっとした不安でさえ見逃せません。そうした理由から、少しでも気持ちに違和感が残るようであれば、やはりかかりつけの医師に相談しておく方が望ましいといえるでしょう。

同様に一般薬を進められたとしても、専門家のアドバイスを踏まえ併用するのであれば、さらなる安心感が得られます。

他の対処法としてはED治療薬の容量を極力下げるという方法もあります。副作用の頭痛と勃起を補助する効果は比例します。つまり容量が多ければ多いほど副作用も発症しやすくなるので効果を実感できるミニマムの容量まで下げてED治療薬を服用するということです。